ラジオ・へんすて モロモロ宣伝局 hensute.exblog.jp

へんすて後日談等をつらつらと~


by ラジオへんすて エキブロ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今回担当は普賢シンジ。夜の五反田を素通りな男。

はい、お約束のタイトルを付けてみたわけですが、緒方さん主演の
ARMs 5th Anniversary
ファイアボール・ブルース~近田ひさ子の憂鬱~
を観てきたのでその感想をば。

※このブログは初演の榎本さん出演回を観た直後に書いています。
※ストーリーに関するネタばれはないです。


e0311937_23532343.jpg


  ストーリー
女子プロレス界きっての強者、“ファイアボール”火渡抄子(緒方恵美)。
火渡に憧れ入門、付き人になったが思うような成績を上げられない
主人公・近田(儀武ゆう子/榎本温子)は、仲の良い同期のアイドルレスラー
与謝野(清水愛)の活躍を前に、自分の限界が頭を掠める。
そんな折、火渡が付き人を替えると言い出した。
近田は、自分自身にどうケジメをつけるのかーーー
  ARMs公式サイトより引用



最初に若くて可愛らしい方が出てきたなぁと思ったら主人公役の榎本温子さんでした。
あれ、昔より若くなってませんか!?近くで拝見できて幸せでした。


舞台暗転、そしてながれる緒方さんの歌 hit man

イントロからしてカッコイイ。
直近のライブと晴天ヘキレキで歌ってくれて僕の中で赤丸急上昇中の歌なのでこれだけで
テンションほぼMAX
※ちなみにアルバムrainに収録されている歌です。


その後強豪女子プロレスラー役で現れた緒方さん。
なみなみならぬオーラ。
本物のプロレスラーになられた清水さんよりプロレスラーぽかったかもしれません。

ずっとクールでストイックな感じの役で、まじでカッコイイ
これは女性は惚れまくりですね。
アニキのレジェントにまた1章追加されましたなw


清水愛さんはアイドル位置のプロレスラー役で、プロレスラーというかアイドルでした。
本物のプロレスラーへのこの配役、とてもよかったです。


物語の主軸は真面目なものなのですが、ちょいちょい挟まれる笑いの要素がとても
面白かったです。
坂口さんと真柴さんがノリノリ!
僕は、緒方さんの出演されるものは基本的には緒方さんを見に行っているのですが、
ARMsの公演に関してはその作品全体を楽しみに見に行っています。
緒方さんだけを観るより、全体を通して緒方さんを観る方が良く見えると、そんな感じです。


プロレスのシーンの演出が、各々のマイク前で技をかける動きをする演者とかけられる
動きをする演者。そしてセコンドにいる役はアニメでよく見るナイスな解説台詞。
うまいなっていうのもありましたが、面白いシーンでした。


また舞台が前列と高くなった後列の構成になっおり移動を多用されていて、マイク前で
台本を読んでいるのだけれど演劇をみているような、とても不思議で新しい感覚でした。



この後に新婚・儀武さん主人公回も観に行くのですが、榎本さん回とどう変化がもたらさ
れるのか楽しみです。
ギャグ多めになるのかな?w



P.S.
2014年4月26日現在ファイアボール・ブルースのチケット、千秋楽の分は完売間近
だけど、4/27,28はまだあるよとのことでした。
ARMs公式サイト




P.S.2
キャラ名から与謝野バナナとか連想してませんので健全です。
※それ何?と思った方はググってなりませぬ。


以上、普賢シンジが担当いたしました。






Webラジオ・緒方恵美と妖精の国。~あおかな広報局~リンク



このブログはへんすての提供でお送りしています。


[PR]
by hensute | 2014-04-27 00:35 | イベント関係 | Comments(0)