ラジオ・へんすて モロモロ宣伝局 hensute.exblog.jp

へんすて後日談等をつらつらと~


by ラジオへんすて エキブロ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:モロモロ雑記( 42 )

今回担当はTぽ推進委員会。

最近のへんすて、何の回であってもこの方の話題でもちきりだとは思いませんか?
そうです、マスター オブ T棒 ことてぃーぽさんです!!

プロの漫画家先生からキャラクター化(それも2度も!)される方はそうそういないのではないでしょうか。

第一弾・キュアてぃぽ

e0311937_21271183.jpg



第二弾・セーラーティーポ
e0311937_21273717.jpg
ポッキーに代わって~ お仕置きよ!



このムーブメント、へんすてとして加速しないで良いのでしょうか?否、加速すべし!!
ということで第三弾を考えたわけです。
その名もキューティーポハニー


僕には残念ながら絵を描く素養がないので、代わりに歌をお届けします。
べ、別にキューティーポハニーの絵(特に変身シーン)をへんすて宛に送ってってお願いしてるわけじゃないんだからね。
送ってきたらTぽさんがアレになっちゃうので、絶対送ってきちゃだめですよ。絶対ですよ b


【キューティーポハニーの歌】

この頃はやりの男の子
お尻を狙った男の子

こっちを剥いてOh ハラー
たって たって たって
たって たって なんだもほ



おねGUY~ おねGAY~
クチつけないで~

私のー ポッキーは~
チ●チ●しちゃーうの~

イヤよ イヤよ
イヤよ いじっちゃイヤ~

ハニー腐裸ッシュ☆



この歌、へんすてに投稿もしているのでそのうち歌われるかも知れませんね。

P.S.
Tポッキーという商品を出したら売れるかもしれない(グッ!


そんなてぃーぽさんがドラマや薄い本で活躍している
へんすてコミケグッズ予約受付中

e0311937_14271168.jpg

気になる方は下記メールフォームよりお問い合わせください
通販注文、質問など、まずはへんすてメールフォームのコーナー項目内にある、
「へんすて通販注文など」宛にメールをお送り下さい。
通販の詳しい説明、注文フォーム等が記載されたメールと共に、回答など致します!!



以上、Tぽ推進委員会からのお知らせでした。






Webラジオ・緒方恵美と妖精の国。~あおかな広報局~リンク



このブログはへんすての提供でお送りしています。


[PR]
by hensute | 2014-07-27 22:13 | モロモロ雑記 | Comments(0)
今回担当は理屈屋・普賢シンジ。

へんすてお聞きくださっている方には耳にタコかもしれませんがへんすて、
2014年の夏コミに出店いたします。
その名もへんコミ

e0311937_14271168.jpg

日程:8/17(日)
場所:東地区 「ヤ」ブロック 22b

ンキー ゃんゃんビームっ!!
と覚えてくださいね(笑)

はてさて、そのグッズの中でラジオCDがあります。
へんすてに関わっているメンバの女子会赤裸々トークや恋バナ!漢組!!、新録ドラマにへんすて過去回ピックアップしたものなんかをギュギュっと詰め込んだ1枚になっております。

ご興味もたれた方は以下のサイトにグッズの詳細を書いておりますので見てみてくださいな!
へんコミ グッズ⇒ https://sites.google.com/site/henstation36/bdraibu-qianno-jimarinitsuite/hensutetongfankomikeguzzuxianxingfanmai


それでラジオCDの中の1企画に「ネタ投稿者の夕べ」があり、緒方恵美さんのラジオを始めいろんなラジオに投稿をしているメンバが集まり座談会を撮り下ろしました。
今回のブログはこれについて触れたいと思います。


<どうすれば投稿が採用されるのか>

へんすてリスナーの皆さまよりトークテーマを募ったところこちらが一番多かったということで、扱うこととあいななりました。
「ネタ投稿者の夕べ」参加者は大原ST有機さん、てぃーぽあばるとさん、サンセット太陽さんと私、普賢シンジでした。

このブログでは普賢単独の考えたを載せますが、4者4様の考え方がありますのでラジオCDの方を聞いていただければと思います~(ステマ!)
あとふざけた内容の投稿を実は超絶真面目に考えて作っているということを話すのは、ギャグを言った後にその説明を始めるかの如く気恥ずかしいことではあるのですが、敢えて晒します(キリッ)

さらに今回、超真面目に書きます。ギャグ無しです。
読んでくださった方の何かのお役に立てれば幸いです。


■自分の目的が何かまず考える

『どうすれば投稿が採用されるのか?』と思っている場合、自分が達成したいのが兎に角番組内で自分の投稿が読まれたいのか、そうではなく自分の伝えたい事を送りたいのかで話はだいぶ変わってきます。

急に例え話を差し込みますが、ラジオへの投稿メールはラブレターと似ていると思うのです。
ラブレターを書く際に、自分の思いを相手に伝えたくて書くのか、相手に付き合ってOKとの返答を貰いたくて書くのか。
どちらが正しい何て事はないと思います。
自分が何を目的としているかの差だと思います。

自分の思いを書きあげただけで相手にOKをもらえることは大変稀でありましょう。
相手のことを考え、相手の気持ちになり、たとえ同じ内容であっても表現方法を変えるとかイロイロ工夫点があるはずです。

これって別にラジオ投稿に限った話ではなく、プレゼン資料であったり一般的な文章全般に対して言えることですね。
ラブレターを書くつもりで書く。その目的がどちらかを考える。
まずそこがスタートかなと。
(あ、ちなみに僕はラブレター書いたことありません(←ぉぃ))


「自分の伝えたい事を送りたい」場合は、自分の投稿と相性の良いラジオ番組が見つかるまでいろんなところに投稿してみるという手があると思います。
そうして番組が見つかれば、自分の伝えたい事=番組の求めていることなので採用率がグッと上がることでしょう。

この後は「兎に角番組内で自分の投稿が読まれたい」と考えた場合に僕がどうしているかを書いていってみます。


■自分の特性を見極める

漫画家の赤松先生が漫画家には下記2タイプがいると言われていました。
 ・思いのたけを書いたことがホームランになる天才タイプ(冨樫先生とか)
 ・計算してヒットを当にいく分析タイプ(赤松先生とか)

ラジオ投稿も同じかなと個人的には思っています。
大神二郎さんや清楚系オフィスレディさんはおそらく天才タイプ。僕は分析タイプですね。
天才タイプはあれこれ考えずとも採用される(むしろ考え始めると不調になりがち)と思うのでこれから僕の書く事は気にしない方が良いです。
投稿したことない人は、何でもいいので一度投稿してみることをお勧めいたします。
いきなりホームランが出るかもしれませんよ!

ただ天才タイプはあまりお目にかかったことがないので、特質系能力者ばりに少ないと予想されます。


では次は、天賦の才を持ちえない僕のような者がいかにしてヒットを取りに行くかを書いていきます。


■採用までの流れと求められる事を想像する

投稿したものは最終的に番組内でパーソナリティーに読まれていますが、送られてきたメールの中からくじ引きのように適当に引いて採用しているなんてことはない(はず)です。

パーソナリティーやスタッフにより、内容が読んで大丈夫なものか、番組に適しているかなど確認をされているはずです。
特にスタッフによる判別が色濃いものと思われます。

ではどうすればよいか。
自分がスタッフになった気持ちになり、その投稿を採用するかどうかを考えてみるのが最も近道と考えます。
好きで聞いている番組であれば番組のことは良く分かっているはずです。
そこに選ぶ側の視点を加えればかなり判断できるはずと思います。

コーナーの場合はさらに想像をしていけます。
このコーナはどういうものですと説明があるのですから、そこからスタッフがどのようなメールが届くことを期待しているのかを想像すれば、ある程度投稿内容の方向性は決まってくるはずです。
個人的な考えになりますが、コーナには一定の解答範囲があるのだと思っています。
その枠から外れてしまうと足切りになって採用の道は閉ざされてしまうと。


余談ですが、投稿の採用を狙うということは受験と似ていると思っています。
行きたい学校から合格をもらうために何をがんばるか、と採用されるために何をがんばるか。
テストで丸をもらうために問題出題者の意図をくみ取るのと、コーナー作ったスタッフの意図をくみ取る。
小論文のテストにも丸とできる範囲があるわけですから、同じように考えればラジオの投稿の採用範囲もテクニックとして看破できるはずです。


■最後はトライ・アンド・エラー

ここまではあれこれと理屈を並べたててきました。
理論というのは実験により検証しないとその確からしさは分かりませぬね。

言い方は悪くなってしまうかもしれませんが、僕は投稿する内容にはバリエーションを持たせてどれが採用されるのかにより、そのコーナーの採用範囲を常に測定しています。
具体的にはとても真面目な内容と、少しシモを含んだものを送ってどっちが採用されるかでどこまでOKかを見極めるとか。

各コーナー2通以上投稿するようにしているのですが、1通目と視点をずらしたものを2通目として作るようにしています。
正直自分ではどっちの方が面白いか、番組とあっているか判断付かないので、投稿してみてその判断をパーソナリティー・スタッフに委ねるということですな。

あと自分の投稿したネタは全部ストックしてあり、その採用・不採用の履歴も全てあります。
スランプになったときはそれを見返して採用の範囲を確認し、新たなネタ作りに使っています。
さらに本気でネタを作っているときは他の投稿者さんの採用されたネタも記録しておき、どのようなネタが好まれているかの傾向と対策までうっていましたが、正直ここまでやるのは相当労力を必要とするのでお勧めできません(笑)

実験というものはやみくもにやってはいけません。
同じことを複数回やっても結果は同じに(普通ならば)なるので、違うことを複数回試せるようにバリエーションを考えるのです。
前と同じものにしないというのは結構頭をひねらないといけませんが、そこで考えが生まれるようになると引き出しが多くなっていっている ような気がします(笑)

簡単にまとめちゃうとイロイロ作って投稿してみよーってことですね~


■まとめ

理屈っぽい長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

冒頭にも書きましたが、このブログは特定の番組で採用されたいということを最大目的とした場合に普賢ならばどう対処するかをまとめたものとなります。
私は採用されたときの喜びを得るための正当な対価だと思ってネタ作りに心血を注いでいますが、みながそうだとは思いませんし、人それぞれ別の目的をもって投稿しているのが当然であると思っています。

とはいえこの文章が誰かの何らかの役に立ってくれれば嬉しいなと思い綴ってみました。
ラジオ投稿は面白いですよ。まだ投稿したことのない人はLet's try!


以上、普賢シンジが担当いたしました。


へんすてコミケグッズ予約受付中
e0311937_14271168.jpg

気になる方は下記メールフォームよりお問い合わせください
通販注文、質問など、まずはへんすてメールフォームのコーナー項目内にある、
「へんすて通販注文など」宛にメールをお送り下さい。
通販の詳しい説明、注文フォーム等が記載されたメールと共に、回答など致します!!






Webラジオ・緒方恵美と妖精の国。~あおかな広報局~リンク



このブログはへんすての提供でお送りしています。


[PR]
by hensute | 2014-07-20 16:52 | モロモロ雑記 | Comments(0)
今回担当は普賢シンジ。アキバまでチャリで行く男。

漫画を数冊買ったのでその紹介と、店舗特典があったものはその情報もお届けします。

かくりよものがたり 4巻
 封神演義や屍鬼の藤崎竜先生がヤングジャンプで連載している漫画の最新刊です。
 歴史上の人物が怨霊となって人を襲うのでそれを鎮魂していく話で、4巻の表紙は腐女子に人気の歴史好きに人気の森蘭丸です。
 史実にファンタジーを好きなように絡めるあたりがフジリューらしくて凄くいいです。
 アニメイト特典でポストカードが付きました(右下)。
e0311937_252536.jpg


 あと、かくりよものがたり1~4巻並べると以下のようになって背景の水面がつながります。
e0311937_2877.jpg

ちなみに2巻の情報はこちら⇒かくりよものがたり2巻とグルグル2の2巻 店舗特典等

UQ HOLDER 3巻
 ラブひなやネギま!の赤松剣先生が少年マガジンで連載中の漫画の最新刊です。
 主人公がネギま!の主人公・ネギの孫だったり、エヴァンジェリンもでてきます。王道物の格闘少年漫画系です。
 アニメイト特典の(たしか)書き下ろしのカード(右下)。
 ※ちなみにこの女の子3巻にはまだ出てきません(笑)
e0311937_1592091.jpg



All You Need Is Kill 1巻&2巻
 ヤングジャンプで短期集中連載されていた漫画で、作画は小畑健先生です。
 正直第一話はありきたりな話かなーと思ったのですが、読み進めるうちにはまっていきました。絵が超綺麗。2巻で完結です。
 1巻と2巻の同時購入で特典が付きました(下)。アニメイトだけの特典かは不明。
e0311937_152354.jpg



サクラ大戦漫画版 第二章 5巻
 ゲームが原作のサクラ大戦の漫画版。第一章は天海を倒すところまでで、第二章はサタン編です。
 連載していた雑誌が休刊になってしまったので、ここからは漫画書き下ろしで刊行されていきます。頑張って欲しい作品です!

バイ・オーグ・トリニティ 4巻
 天上天下やエアギアの大暮維人先生がウルトラジャンプで連載している漫画の最新巻です。
 特殊能力に目覚めると手のひらに穴があき物とか動物とか吸いこんで能力を取り込めるようになるという学園ものです。
e0311937_222444.jpg



オマケ
アニメイト・ブックフェアの景品で魔法人グルグルの缶バッチをゲットしました。
e0311937_2104750.jpg
ニケ&ククリのは品切れになっていて、キタキタおやじ&ギップルになりましたw



以上、普賢シンジが担当いたしました。






Webラジオ・緒方恵美と妖精の国。~あおかな広報局~リンク



このブログはへんすての提供でお送りしています。


[PR]
by hensute | 2014-06-29 03:24 | モロモロ雑記 | Comments(0)


へんすてコミケグッズのラジオCDに収録される、
「女子会赤裸々トーク ~これを聞けば反面教師効果でモテモテに!?~」
の一部をご紹介。(実際には約3時間あります)

参加者 人妻づま子さん、清楚なのりこさん、カメ子さん、くろねこさん


滅多に聞けない貴重なお話(ネタ、ガチ)を聞けるチャンスです!

へんコミグッズの詳細はコチラ⇒ https://sites.google.com/site/henstation36/bdraibu-qianno-jimarinitsuite/hensutetongfankomikeguzzuxianxingfanmai
[PR]
by hensute | 2014-01-10 13:13 | モロモロ雑記 | Comments(0)
メリークリスマース!!

ゆーみんです。


「今年もクリスマスは、シングルベルだぜ。リア充爆発しろ!」な人もへんすてを聴いて、楽しもうぜぇ!!


簡単に言えば、「クリスマスゲーム実況SP」なワケですが、詳しいことは前の記事(こちら)で、づまさんがキレイにまとめてくださっているので、個人的なオススメポイントを書いて行こうかと思います。






「いもいも!」

妹萌えの主人公と3人の女の子の恋愛ゲームです。

私は、主に主人公のクラスの委員長のセリフをよんでおりました。

さて、このゲーム実況のオススメポイントは・・・

何と言っても、主人公の義理の妹(C.V.カツシロウさん)です。

「トミタケプリンス」実況で、カツシロウさんボイスにハマる人続出ですが、すっかり私もトリコになりましたw






「BAAAD SCORE」

学年主席の主人公は留年しそうな2人のイケメンに勉強を教えることになり・・・ムフフなBLゲーム。

私には、特に決まった配役はなかったですが、たまたまやることになった役に注目してくれればと思います。

自分でやってて、笑っちゃいましたがw

こちらのオススメポイントは、づまさんの美人先生ボイス

ピッタリすぎます!!

皆さんも、レッツぺろぺろです!!!!!

そして、こちらのゲームでのカツシロウさんボイスもなかなかwww

おぼっちゃまキャラということで、ちび●子ちゃんの花●君を意識したとかなんとかwww


しかし、今年のクリスマスは、4、5日あったような気がするなぁ?←

年賀状は、お早めにね☆

ゆーみんでした~♪


[PR]
by hensute | 2013-12-21 23:00 | モロモロ雑記 | Comments(0)
はいはーい(^^)
みなさん
(´∇`)<Merry☆Christmas

シャンメリー飲んでますか?

づま子ですヾ(@^▽^@)ノ



いやぁ、今年のクリスマスは大変な盛り上がりでした~

みなさんも、もう動画見ていただけましたか??




クリスマス特別企画!として
2つのゲームをしたわけなのですが…


まず、「いもいも!

登場キャラがカワ(・∀・)イイのです!!
キャラのデレた表情などとてもいいっ(≧∇≦)b

主人公と女の子3人の学園生活恋愛ゲームです!

主人公はてぃーぽさん、
妹キャラはみんなのアイドル、カツシロウさんが声を当ててくださいましたよ(*´∀`*)

カメ子さんとゆーみんさんも
可愛い女の子キャラを演じてくださいました♪

このお二人の演技にも大注目ですよ~(人*´∀`)



最後の最後でいい感じに終わりましたが、
それまでは恐ろしい展開も…((((;゚Д゚))))

おおっと、ここまでにしておきましょう(o^-')b







そしてみなさんおまちかねの
BLゲーム、「BAAAD SCORE」ww


勉強を教えることになった主人公と
勉強を教えてもらう幼馴染の二人による
ちょっぴり下ネタ多めのBLコメディーです♪w


学年一の優等生である主人公はてぃーぽさん、
ちょっとやんちゃな金髪ボーイを大原さん、
クール?変態?ミステリアスイケメンをカツシロウさんが演じてくださいました!


こちらはですね、
私も先生役で参加させていただきました(^^)



シナリオがとにかく面白いです!!


主人公が「ピー」な発言を連呼する場面があるのですが
それを言わされる



てぃーぽさんの
羞恥プレイ


が何とも言えませんwww
とってもレアです(゚∀゚)


最終的にグッドエンドにたどり着きましたが、
なかなか難しいゲームでしたね~

このゲーム、またプレイして欲しいですw







さて、サンタさんにプレゼントをいれてもらう
靴下を用意して寝なきゃ(*´V`*人)


…ちなみに去年は枕元の靴下に
みかんが入っていましたw
(夫が入れたみたいですwおちゃめww)



では、みなさんよいクリスマスを~
☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆
[PR]
by hensute | 2013-12-20 23:00 | モロモロ雑記 | Comments(3)
皆様こんばんわ。へんすて4コマ回担当のてぃーぽです。
先週の11日から12日にまたがる時間に、
へんすて「スキスキ☆ちっこいんちょ」回を放送させていただきました。

「ちっこいんちょ」とは?
現在芳文社の4コマ雑誌「まんがタイムジャンボ」にて絶賛連載中の、
トイシキ先生作による大人気4コママンガ!!
「うちのクラスのいいんちょは、すこしちっこい-」
とある理由で手のひらサイズになってしまった主人公・藤枝このはが、それにもめげず学級委員長としてクラスの仲間や後輩達をフォローしながら送る、
   “女子高生観察4コマ”by2巻帯公式コメント
                            となっておりますw

実は今回の配信、へんすてとしてもようやく実現することができた、感謝と御礼も含めての放送となりました。
今年の夏にへんすてで企画・放送させていただいた、
     『花の任侠物語しずか』第1巻発売記念お祝い会=たも会
におきまして、「ちっこいんちょ」の作者であるトイシキ先生から、多大なるご協力をいただきました。
えぇっ!?たも会をご存知ない?しかもたも会にご興味がある?
それはいけません。予習も含めて、たも会配信もぜひお聴きください!!(ステマ)

放送をお聴きいただけた方ならお分かりかもしれませんが、
たも会の一大イベント“たもジャンケン”の後半からは、
  「トイ会(by火ノ鹿先生命名w)」
の様相を呈するほど、トイシキ先生にはお世話になっておりましたm(_ _)m
さらにはこれを機に作品に触れられた我らが大原さんが、見事「ちっこいんちょ」の大ファンになられるというオマケつきw
このような事から、へんすてで「ちっこいんちょ」を特集させていただければ、と思っておりました。

そしてついにその機会が!!
    祝!「ちっこいんちょ」第2巻発売!!
まさにジャストタイミング!!さらなる特大告知とともに、今回の放送となりました。

さて今回の配信ですが、しょっぱなからまさかの事態に軽く動揺が。
なななんと!「ちっこいんちょ」の作者・トイシキ先生からツイッターにて、
今回の配信への激励メッセージががが!!
さらには配信開始後、Ustのソーシャルコメントやツイッターを確認していると…

え~っと、、、ぷろのまんがかのかたがたが、へんすてをきいてくださってる?
※あまりの動揺にコメがすべてひらがなとなっております。ご容赦ください

さ、さらには放送後半に、なんと
        トイシキ先生ご本人
                     がお聴きに来て下さるサプライズ!!

     もうヤメテェェェ、MC2人の緊張はドMAXよおおお!!!!

あぁ、今思い出しても冷や汗が…って、そんな羞恥プレイはおいとくとしてw
今回の配信では最新2巻をメインに「ちっこいんちょ」の魅力とオススメポイントなどを、つたないながらも語らせていただきました。
「ちっこいんちょ」を愛するたくさんのファンのみなさまにも、コメント等でいろいろなサポートやご意見をいただき、私もあらためて「ちっこいんちょ」の魅力と人気を教えていただけたと感じています。

そして今回の配信では、事前のお知らせどおりに
        とあるビッグな告知
                   を放送内でさせていただける事に。。。
その内容とは…

祝!「花の任侠物語しずか」第2巻!!
            来年2月6日発売!!


ふおぉ!!!!おめでとうございますありがとうございます!!
へんすてでも大プッシュさせていただくとともに、数々のコラボにもご協力いただいております、火ノ鹿たもん先生の大人気作!
ついに2巻が発売決定です!!
という事は、へんすてとしても…。

    はい!たも会2(仮称)やらせていただきます!!

詳細につきましては、近日中にへんすて特設HPでも随時お知らせさせていただきますので、もう少しお待ちくださいませ!!

今回は以前のたも会とはまた違った意味での
   トイシキ先生火ノ鹿たもん先生

お2人のコラボでお届けすることができました!!
あらためてお2方に感謝のお気持ちをお伝えさせていただくとともに、
今後もへんすてでは
「ちっこいんちょ」「花の任侠物語しずか」
を大プッシュさせていただきます!!
みなさん、いんちょお嬢の魅力に、目覚めるのです!!






たも会2の情報はへんすて公式HPにて近々発表!




  
[PR]
by hensute | 2013-12-17 23:40 | モロモロ雑記 | Comments(0)
みなさまこんばんわ。
今回はへんすて最新回でいろいろやらかした男、てぃーぽがお送りします。

昨日22時より、へんすて企画配信
「プロ襲来!火ノ鹿たもん先生と語る
         和田慎二先生の世界」

                       を放送させていただきました。

      現在芳文社の4コママンガ誌「まんがタイムジャンボ」にて
         「花の任侠物語しずか」
           が絶賛連載中のプロのマンガ家、
           火ノ鹿たもん先生
をゲストにお招きし、先生が尊敬しリスペクトしてやまないという
  少女マンガの巨匠・和田慎二先生の作品
について語っていただくという、へんすてでも前代未聞の特別企画となりました。

今回は従来のへんすてリスナーの皆様にくわえ、火ノ鹿先生のファンの方々、
さらには和田先生のファンの方々にもぜひ聴いていただきたい!
という思いの中、とても光栄なことに両先生方のファンの皆様に配信の事前宣伝を拡散していただき(もちろんへんすてリスナーの皆様にも感謝ですm(_ _)m)
結果多くの方々に生配信にいらしていただく事ができました。

しかしここで大いなる誤算が。
多くの方々に配信を聴いていただくという事は、
それだけへんすてを初めてお聴きになる
                       皆様もいらっしゃるワケです。
ましてや今回は、和田先生の作品のお話をお目当てにいらしてくださる、まったく初めてお会いすると思われる和田先生のファンの方もいらっしゃるワケで。
とどめにへんすては、
    通常配信ではなかなかキケンな番組
                               なワケで…w
       (広げぬ。あえてここではその話題は広げぬよ)

その結果今回のパーソナリティ2人に降りかかったのは、
    これまで経験したことのない緊張感
放送直前のスカイプ通話不良にはじまり、いつものOPセリフは噛むわ、マイクを
OFFにしたまましゃべり始めるわ、番組の進行はボロボロになるわ…。
ここでカンの良い方ならお気づきですね。
 ハイ、おもにトチったのはワタシですorz
なぜワタシはこういう大事な回でやらかすのか…。
放送の裏で全面的にサポートいただいた大原さん、感謝です(T T)

いやいや!我々のアップアップな所業などどうでもいいのです!(←よくねえ)
ここからはマジメに番組を振り返らせていただきます。

ジングル明け、さっそくゲストの火ノ鹿先生にご登場いただきます。
実は先生、放送前の打合せから「ビックリするくらい緊張してないんです~。」
とおっしゃっていらした通り、とてもリラックスした感じで我々ともお話ししていただきました。
まずは先生の代表作「花の任侠物語しずか」と、
現在ぶんか社の4コママンガ誌「主任がゆく!SP」に第2話が掲載中の最新作
       「死神さんが通りマス!」
について、先生ご自身から創作秘話やキャラの表・裏設定、後の展開などを語っていただくという、いきなりのおいしい展開!

皆様、配信でもお話ありましたとおり、
「花の任侠物語しずか」第2巻発売と「死神さんが通りマス!」の連載化を、
ぜひ本誌アンケートで応援するのです!

次に皆様からのメールコーナーへ。
火ノ鹿先生へのご質問や、「花の任侠物語しずか」に対するご質問やご感想。
特にマンガ家になったきっかけのお話での「花とゆめ」への投稿話や
仕事としての4コママンガの読み方(4コマ目に注目!)にはシビレました…。
また「しずか」に関するお話では、今後物語のカギとなる舎弟や、紅葉登場に
関する貴重なお話も伺えました。
(中には先生の黒歴史である学生時代の作品話から、先生の過去絵RTの一幕もw)
そしていただいたメールへのご質問から、今回の本題である和田先生のお話に
徐々にシフトしていきます。

実はご幼少の頃から、和田先生のファンでいらしたお母様やお姉様の影響で、
和田先生の作品に囲まれて育った火ノ鹿先生。
最もお好きな作品に挙げられる「ピグマリオ」への思いを皮切りに、
(「20年後でも語り継がれているし、いつ読んでも後悔しない」にハゲシく同意‼)
今回の配信に合わせてイラストを描いていただいた「超少女明日香」
(明日香の思い人一也の言動に「女の子はキュンキュンするんですよ!」)
伝説のバーガーから和田先生の作画表現に言及した「スケバン刑事」
(「あの発想はなかったし、書きたい表現を読者に直球で投げてくるのがスゴい」)
と、各作品への愛にあふれたお気持ちをアツく語っていただきました。
そのお話の中でも私の心に残ったのが、
「少女マンガなのに男性が書いているのも衝撃だったし、
        今こういう少女マンガらしくない作品が少なくなりましたね。」
「読者の想像を超え、少女マンガの概念をブチ壊し、
  常に最初の一歩を踏み出し続けたからこそ、和田先生の作品は面白かった。」
というお言葉、思わず深くうなずかせていただきました。

そんな先生のアツい語りに心動かされ、中には放送中に
「花の任侠物語しずか」のコミックスや「ピグマリオ」全巻セットをネットで
購入されるツワモノのリスナー様も…w

そして懐かしい作品名はとどまるところを知らず、先生が語られます。
「銀色の髪の亜里沙」「怪盗アマリリス」「忍者・飛翔」「少女鮫」
…懐かしい!
そんな先生のアツい語りに交じり、私もこっそり「神に背を向けた男」のお話を
させていただきましたw
先生もこの作品がお好きながら、あまりに刺激的な内容に驚かれて
「読んだ後コッソリ本棚に戻しました。」との事wですがオススメですよ~。

そしてコーナーの最後に、あらためて和田先生ご本人やその作品に対しての、
火ノ鹿先生のアツい思いを一気呵成に語っていただきました。
「少女マンガを描く男性のマンガ家さんが少ないなかで、
  男性が女性に向けて描かれる少女マンガの面白さ・スゴさを感じました。」
「あこがれの存在で手が届かないと思うけど、
  自分もその和田先生に追いつけるようなマンガを、いつか描いてみたい。」
「リスナーさんがいま和田先生の作品を購入されて、
       30年後の子孫の方が読まれても、絶対に面白いと感じますよ。」

うおおおお!なんと素晴らしいお言葉の数々…!!
みなさん、ここは❝火ノ鹿たもん検定❞に出ますよー!!
                            要チェックです!!

e0311937_88534.jpg




そして皆さんお待ちかね!
いただいたメールの中から、
先生直筆のお名前入りイラストが当たる抽選へ!!

火ノ鹿先生のキャラから、
「花の任侠物語しずか」
梅宮くれはのイラストを!
e0311937_881046.jpg











和田先生のキャラから、
「ピグマリオ」
水晶の姫オリエのイラストを!

それぞれ番組中に火ノ鹿先生に描いていただき、
2名の方に当選いたしました!おめでとうございますー♪






さて番組も終わりに近づく中で、最後に先生から本日締めの名言がw!!
くれはをはじめとする皆さんの男の娘コメントに対し、
   「みんな、目覚めればいいんだよ」
                      最後にそれですか先生…orz

それはさておきw
今回火ノ鹿先生にゲストでご出演いただき、ご自身の作品や和田先生の作品を先生ご本人に語っていただくという、夢のような配信をお届けすることができた事を、本当にうれしく思います。
しかも先生には、予定時間を大幅に過ぎてお付き合いいただけたり、番組の随所で話題を盛り上げていただけたり、感謝してもしきれませんm(_ _)m
火ノ鹿先生、あらためまして、
       ありがとうございました!!


みなさん、あらためて申し上げます。
「花の任侠物語しずか」第2巻発売と「死神さんが通りマス!」の連載化を、
ぜひ本誌アンケートで応援するのです!

そして、
火ノ鹿先生先生とその作品たち和田先生とその作品たちの素晴らしさに、
          目覚めるのです!!

以上、てぃーぽがお送りしました。長文お付き合いいただき感謝です。。。


↑この動画の続きはコチラから


このブログはへんすての提供でお送りしています。



  
[PR]
by hensute | 2013-11-25 02:37 | モロモロ雑記 | Comments(0)

火ノ鹿先生と和田先生と

みなさまこんばんわ。
今回はへんすてにいろいろなモノを持ち込んだ男、私てぃーぽがお送りします。

今週末の23日、へんすてにて
「プロ襲来!火ノ鹿たもん先生と語る和田慎二先生の世界」を配信いたします。

へんすてとさまざまなコラボをさせていただいております、
         「花の任侠物語しずか」
                 の作者、
           火ノ鹿たもん先生
に、なんとついにゲストで出演していただける事になりました‼

そして火ノ鹿先生をお迎えして、今回へんすてが取り上げさせていただくのが、

少女マンガの巨匠・和田慎二先生の作品世界

火ノ鹿先生が「愛して・尊敬してやまない」とリスペクトされるマンガ家、
和田慎二先生の作品を特集させていただきます。
もしかしたらお若い方には、なかなか馴染みが薄いお名前かもしれません。
ですが和田先生の作品には、私もちょっとした思い入れがあるのです…。

私が小さい頃、わが家には少年ジャンプとともに、
女性向けマンガ雑誌(ここ重要!)「花とゆめ」が積まれていました。
当時「花とゆめ」に連載されていたのは、どれも個性的で魅力あふれる作品ばかり‼

「ガラスの仮面」「僕の地球をまもって」「動物のお医者さん」
「ここはグリーン・ウッド」「MVPは譲れない!」「オトナになる方法」
「赤ちゃんと僕」「パズルゲーム☆はいすくーる」「瞳・元気」
「サディステック19」「なんて素敵にジャパネスク」「パタリロ!」
などなど。

どの作品も普通の少女マンガとは一線を画す、独自の輝きを持っていました。
その中でも、独自の世界観と魅力溢れるキャラで「花とゆめ」を支えていたのが、
和田慎二先生の作品たちでした。

剣と魔法と人外キャラを大胆に取り入れた、ヒロイックファンタジーの傑作
           「ピグマリオ」
少女マンガ界伝説の戦うヒロイン・麻宮サキ!実写化もされた代表作
          「スケバン刑事」
一人の少女の時空を超えた活躍と運命を描く、ライフワーク的作品
          「超少女明日香」
ヒロインはアイドルにして怪盗!番外編では和田慎二キャラオールスター出演!
         「怪盗アマリリス」

どの作品も、力強くて可憐なキャラクターが壮大な世界の中で生き生きと描かれ、物心がついたばかりの私は、毎号夢中になって読みふけっていました。
鮮血が飛び散ったり、かなり禍々しいカットなどサスペンスな描写も思い返せば
けっこうありましたが、10歳にも満たない子供に恐怖心を感じさせずに
「もっと読みたい‼」
と思わせるパワーが溢れていました…(遠い目)

もちろんそれ以外の作品も大好きでした。
「忍者・飛翔」「少女鮫」「Lady Midnight」「傀儡師リン」
原作を担当された作品では「神に背を向けた男」などなど。
おっと。まだまだ語りたいですが、この続きは本放送にとっておきますねw

それから20年以上、いろいろなマンガを読んできました。
その中で、一つの出会いと別れがありました。
「花の任侠物語しずか」という作品と、
           その作者である火ノ鹿たもん先生との出会い
そして、和田慎二先生との突然の別れ-
一見繋がりのない2つの事柄が、まさかのリンクを見せたのです。

それはツイッターでのご縁でお邪魔した、火ノ鹿先生による
      Ustreamでの作品ナマ作画配信
                             での出来事。
作画作業の合間に開催される、ソーシャルコメントでのリクエストキャラを
先生ご自身のイラストで描いていただけるコーナーで、私は久々に読み返していた「怪盗アマリリス」のヒロイン・ナナをリクエストしました。
ご存知ないかもな。。。われながらちょっとマニアックなリクエストだったか-。
と思った次の瞬間、ソーシャルを見た先生がひとこと。
     「アマリリス!なつかし~‼」 
なんと火ノ鹿先生も、和田先生の大ファンでいらっしゃったのです‼
さらに次のリクエストコーナーでは、「ピグマリオ」の主人公・クルトも
快く描いてくださいました♪

まさかこんなカタチで、和田先生のファンの方に出会えるなんて-
しかもその方は、今いちばん好きなマンガの作者さんだなんて-
世の中というのは、本当に不思議で面白いものです。

そしてまさかの出会いは、これで終わりません。
なんと火ノ鹿先生が、へんすての生配信を聴きに(‼)いらっしゃったり、
「花の任侠物語しずか」がついに単行本化!となり、
そのお祝い会をへんすてで企画・配信させていただいたり-
 (へんすて「たも会」音源絶賛配信中‼)

なんか、本当にいいんでしょうか。こんなに幸せな展開ばかりで。。。
ワシ、来年末にはこの世にいないかも…w

実は今回の企画も、たも会での
「へんすてを通じて、和田慎二先生の作品について
            火ノ鹿先生とお話させていただきたいのですが…」
というお話をさせていただいたところ、
「面白そう!ぜひ~‼」という暖かなお返事をいただき、実現の運びとなりました。
そんな偶然と奇跡、そして先生のご好意によります、

 「プロ襲来!火ノ鹿たもん先生と語る
          和田慎二先生の世界」


ぜひご期待ください‼

※へんすてでは、今回の配信へのメールをまだまだ大募集中です!
 ○火ノ鹿先生ご本人への質問・応援メッセージ
 ○「花の任侠物語しずか」「死神さんが通りマス!」他
            先生の作品への感想・メッセージ・応援イラスト(!)
 ○和田慎二先生の作品への思い出・感想
 ○私の火ノ鹿先生・和田先生オススメ作品推薦コメント
 ○ふつおた
 ○へんすてMC陣へのメッセージ・苦情(え?今回は受け付けないってw?)
 などなど

そしてビッグサプライズ‼メールをいただいた皆様の中から、抽選で
  火ノ鹿先生直筆!お名前入りイラスト
                     をドド~ンとプレゼント!!!!
しかもこちらのイラスト、当選者の方がツイッターのアイコンに使用されたり、
ご自身のブログで紹介や使用されてもOK!という太っ腹企画!!!!
うおおおおおお!!こんなスゴいのいいんですかせんせえぇぇぇぇ!!

・・・ふっふっふ、すでに10通もメールを送ったので、当選は確実!!
   えっ?パーソナリティは自動的に選外にする?えっ?えっ?



このブログはへんすての提供でお送りしています。



   
[PR]
by hensute | 2013-11-22 00:49 | モロモロ雑記 | Comments(1)
今回担当:人妻づま子


こんにちは!
みんなの人妻! づま子です( ’∇^*)^☆


…はい、すみません(-ω-。)



なんと(私が)前回ブログ書いてからもう一か月も…∑(OωO; )
恐ろしいです。。この調子ですぐ年末になりそうです。





さて、
なんと、今朝私が寝ている間にひっそりと
トミタケ・プリンセス実況の第二回を配信していたんですね~


トミタケ・プリンセスとは…
焼肉万歳さんによる、
12人の可愛い富竹達ときゃっきゃウフフできちゃう恋愛アドベンチャー?PCゲームです♪



しかもこの“富竹”いったいどんな可愛い子ちゃんなんだろうかと思いましたが…

















e0311937_13564789.jpg

↑コレw


むしろ、気になっちゃいますよね(o^-')b




≪ストーリー≫
それぞれの事情から、お兄ちゃんと離ればなれに暮らしている富竹たち……。
だーい好きなお兄ちゃんと会えるのは、トミタケ・アイランドと決められています。
しかも、たったの3日間だけ……。
だから富竹たちは、いつもお兄ちゃんに会いたくて、会いたくて……頬を涙で濡らしています。
“約束の3日間”が終わるとき……
オヤシロサマの木の下で、お兄ちゃんを待つのはどの富竹でしょう?




この12人の可愛い富竹たちの声をカツシロウさん
ナレーションと主人公を大原さんが担当して、ゲームが進んでいきます。

カツシロウさんの萌えボイスの大ファンな私は
早速聴いてきましたよ~(*´Д`*)





第二回は、
「和風な富竹」と「ドジな富竹」を攻略していました!


ヤマトナデシコなカツシロウさんボイスと
ドジッ娘なカツシロウさんボイス、
どちらも捨てがたいですね(o^-')b


とくに「和風な富竹」は



「ポッ(●´ω`●)」



っとなることが多く可愛いんです!

そしてちょっといやらしい場面もw





きゃあぁん!とか
カツシロウさんの萌えボイスにキュンキュンして
またお仕事頑張れそうです(o^-')b












それと今回の見どころはまだあります!









大原さんのぱんつ脱がせスキルが上がっている




ということw

すばやく動く富竹のぱんつを
あっという間にキャッチ!w


さすがです(o^-')b


さぁ、みなさんもレッツ試聴ヽ(゚∀゚)ノ

私も2回目聴いてきま~す♪





現在へんすてでは各種アンケートを実施中です。ぜひ投票してみて下さい♪


ラジオCDゲスト希望

人気ジングル調査

緒方恵美と妖精の国。お気に入り回
 


         
[PR]
by hensute | 2013-11-04 14:32 | モロモロ雑記 | Comments(2)