ラジオ・へんすて モロモロ宣伝局 hensute.exblog.jp

へんすて後日談等をつらつらと~


by ラジオへんすて エキブロ
プロフィールを見る
画像一覧

目覚めるのです! ~火ノ鹿たもん先生ゲストによる和田慎二先生特集回~ 放送後記

みなさまこんばんわ。
今回はへんすて最新回でいろいろやらかした男、てぃーぽがお送りします。

昨日22時より、へんすて企画配信
「プロ襲来!火ノ鹿たもん先生と語る
         和田慎二先生の世界」

                       を放送させていただきました。

      現在芳文社の4コママンガ誌「まんがタイムジャンボ」にて
         「花の任侠物語しずか」
           が絶賛連載中のプロのマンガ家、
           火ノ鹿たもん先生
をゲストにお招きし、先生が尊敬しリスペクトしてやまないという
  少女マンガの巨匠・和田慎二先生の作品
について語っていただくという、へんすてでも前代未聞の特別企画となりました。

今回は従来のへんすてリスナーの皆様にくわえ、火ノ鹿先生のファンの方々、
さらには和田先生のファンの方々にもぜひ聴いていただきたい!
という思いの中、とても光栄なことに両先生方のファンの皆様に配信の事前宣伝を拡散していただき(もちろんへんすてリスナーの皆様にも感謝ですm(_ _)m)
結果多くの方々に生配信にいらしていただく事ができました。

しかしここで大いなる誤算が。
多くの方々に配信を聴いていただくという事は、
それだけへんすてを初めてお聴きになる
                       皆様もいらっしゃるワケです。
ましてや今回は、和田先生の作品のお話をお目当てにいらしてくださる、まったく初めてお会いすると思われる和田先生のファンの方もいらっしゃるワケで。
とどめにへんすては、
    通常配信ではなかなかキケンな番組
                               なワケで…w
       (広げぬ。あえてここではその話題は広げぬよ)

その結果今回のパーソナリティ2人に降りかかったのは、
    これまで経験したことのない緊張感
放送直前のスカイプ通話不良にはじまり、いつものOPセリフは噛むわ、マイクを
OFFにしたまましゃべり始めるわ、番組の進行はボロボロになるわ…。
ここでカンの良い方ならお気づきですね。
 ハイ、おもにトチったのはワタシですorz
なぜワタシはこういう大事な回でやらかすのか…。
放送の裏で全面的にサポートいただいた大原さん、感謝です(T T)

いやいや!我々のアップアップな所業などどうでもいいのです!(←よくねえ)
ここからはマジメに番組を振り返らせていただきます。

ジングル明け、さっそくゲストの火ノ鹿先生にご登場いただきます。
実は先生、放送前の打合せから「ビックリするくらい緊張してないんです~。」
とおっしゃっていらした通り、とてもリラックスした感じで我々ともお話ししていただきました。
まずは先生の代表作「花の任侠物語しずか」と、
現在ぶんか社の4コママンガ誌「主任がゆく!SP」に第2話が掲載中の最新作
       「死神さんが通りマス!」
について、先生ご自身から創作秘話やキャラの表・裏設定、後の展開などを語っていただくという、いきなりのおいしい展開!

皆様、配信でもお話ありましたとおり、
「花の任侠物語しずか」第2巻発売と「死神さんが通りマス!」の連載化を、
ぜひ本誌アンケートで応援するのです!

次に皆様からのメールコーナーへ。
火ノ鹿先生へのご質問や、「花の任侠物語しずか」に対するご質問やご感想。
特にマンガ家になったきっかけのお話での「花とゆめ」への投稿話や
仕事としての4コママンガの読み方(4コマ目に注目!)にはシビレました…。
また「しずか」に関するお話では、今後物語のカギとなる舎弟や、紅葉登場に
関する貴重なお話も伺えました。
(中には先生の黒歴史である学生時代の作品話から、先生の過去絵RTの一幕もw)
そしていただいたメールへのご質問から、今回の本題である和田先生のお話に
徐々にシフトしていきます。

実はご幼少の頃から、和田先生のファンでいらしたお母様やお姉様の影響で、
和田先生の作品に囲まれて育った火ノ鹿先生。
最もお好きな作品に挙げられる「ピグマリオ」への思いを皮切りに、
(「20年後でも語り継がれているし、いつ読んでも後悔しない」にハゲシく同意‼)
今回の配信に合わせてイラストを描いていただいた「超少女明日香」
(明日香の思い人一也の言動に「女の子はキュンキュンするんですよ!」)
伝説のバーガーから和田先生の作画表現に言及した「スケバン刑事」
(「あの発想はなかったし、書きたい表現を読者に直球で投げてくるのがスゴい」)
と、各作品への愛にあふれたお気持ちをアツく語っていただきました。
そのお話の中でも私の心に残ったのが、
「少女マンガなのに男性が書いているのも衝撃だったし、
        今こういう少女マンガらしくない作品が少なくなりましたね。」
「読者の想像を超え、少女マンガの概念をブチ壊し、
  常に最初の一歩を踏み出し続けたからこそ、和田先生の作品は面白かった。」
というお言葉、思わず深くうなずかせていただきました。

そんな先生のアツい語りに心動かされ、中には放送中に
「花の任侠物語しずか」のコミックスや「ピグマリオ」全巻セットをネットで
購入されるツワモノのリスナー様も…w

そして懐かしい作品名はとどまるところを知らず、先生が語られます。
「銀色の髪の亜里沙」「怪盗アマリリス」「忍者・飛翔」「少女鮫」
…懐かしい!
そんな先生のアツい語りに交じり、私もこっそり「神に背を向けた男」のお話を
させていただきましたw
先生もこの作品がお好きながら、あまりに刺激的な内容に驚かれて
「読んだ後コッソリ本棚に戻しました。」との事wですがオススメですよ~。

そしてコーナーの最後に、あらためて和田先生ご本人やその作品に対しての、
火ノ鹿先生のアツい思いを一気呵成に語っていただきました。
「少女マンガを描く男性のマンガ家さんが少ないなかで、
  男性が女性に向けて描かれる少女マンガの面白さ・スゴさを感じました。」
「あこがれの存在で手が届かないと思うけど、
  自分もその和田先生に追いつけるようなマンガを、いつか描いてみたい。」
「リスナーさんがいま和田先生の作品を購入されて、
       30年後の子孫の方が読まれても、絶対に面白いと感じますよ。」

うおおおお!なんと素晴らしいお言葉の数々…!!
みなさん、ここは❝火ノ鹿たもん検定❞に出ますよー!!
                            要チェックです!!

e0311937_88534.jpg




そして皆さんお待ちかね!
いただいたメールの中から、
先生直筆のお名前入りイラストが当たる抽選へ!!

火ノ鹿先生のキャラから、
「花の任侠物語しずか」
梅宮くれはのイラストを!
e0311937_881046.jpg











和田先生のキャラから、
「ピグマリオ」
水晶の姫オリエのイラストを!

それぞれ番組中に火ノ鹿先生に描いていただき、
2名の方に当選いたしました!おめでとうございますー♪






さて番組も終わりに近づく中で、最後に先生から本日締めの名言がw!!
くれはをはじめとする皆さんの男の娘コメントに対し、
   「みんな、目覚めればいいんだよ」
                      最後にそれですか先生…orz

それはさておきw
今回火ノ鹿先生にゲストでご出演いただき、ご自身の作品や和田先生の作品を先生ご本人に語っていただくという、夢のような配信をお届けすることができた事を、本当にうれしく思います。
しかも先生には、予定時間を大幅に過ぎてお付き合いいただけたり、番組の随所で話題を盛り上げていただけたり、感謝してもしきれませんm(_ _)m
火ノ鹿先生、あらためまして、
       ありがとうございました!!


みなさん、あらためて申し上げます。
「花の任侠物語しずか」第2巻発売と「死神さんが通りマス!」の連載化を、
ぜひ本誌アンケートで応援するのです!

そして、
火ノ鹿先生先生とその作品たち和田先生とその作品たちの素晴らしさに、
          目覚めるのです!!

以上、てぃーぽがお送りしました。長文お付き合いいただき感謝です。。。


↑この動画の続きはコチラから


このブログはへんすての提供でお送りしています。



  
[PR]
by hensute | 2013-11-25 02:37 | モロモロ雑記 | Comments(0)